学校生活の様子

避難訓練を実施しました。

学校全般
9月1日防災の日に合わせて、避難訓練を実施しました。

今回の避難訓練を行うにあたって、「避難訓練アップデートプロジェクト」と名付けて、本校の避難訓練を見直そうと昨年度より生徒会を中心に学校周辺や校舎内を歩きながら防災について考えていきました。そして、このプロジェクトには東北で復興支援や防災への取り組み等で活躍されている一般社団法人復興応援団代表の佐野哲史氏に協力いただき、他校の生徒会や愛知県内の大学生も加わり、多く人の知恵が詰まった新しい避難訓練を実現することができました。

今回のテーマは「防災を自分事化する。」です。リアルな災害を想定し、それぞれが自分の頭で考えて動く避難訓練を目指しました。避難訓練では壁や窓、天井の破損を想定して通行不可箇所をつくり、クラスの代表である級長、副級長が安全確認をしたうえで、自分たちで避難経路を考え、生徒のみで避難を行いました。例年とは異なる避難訓練であったこともあり、多くの生徒が緊張感を持ち、自分事として取り組むことができたのではないかと思います。この避難訓練をきっかけに、命を守るということを本気で考えていきたいと思う1日となりました。


校内で通行できない場所を想定して自分達で避難経路を考え、避難をおこないました。


避難訓練についてのまとめ・振り返りの様子