学校生活の様子

中央農園(草取り・さつまいもの苗植え)

生徒会・ESD
終業式だった7月31日(金)に豊川市にある中央農園にて田んぼの草取りをしました。当初は野菜の収穫をする予定でしたが、天候不順により野菜が育たず、草取りに変更になりました。

2年H組の生徒が文化祭に向けて育てていた「さつまいも」が残念ながら全滅してしまったため、「さつまいも」の苗を植える作業も行いました。
ショックを受けながらも、天候が作物に与える影響の大きさを実感する出来事でした。



生徒の感想の一部を紹介します。

「大変だけど、みんなで協力しながらの作業は楽しかった。」
「天候のせいで野菜が育たず、野菜の値段が高くなってしまっている。だけど、その天候を変えてしまったのは人間であって、結局私たち人間のやっていることが返ってきているんだと思う。」
「いま私たちの食べているものは、農家の方の苦労から来ているんだなと思った。」
「草はそのままにしておくと草に栄養がいってしまい、作物に栄養が届かなくなってしまうので、草取りは大事だと思った。」



野菜の収穫の予定で今回の農園ボランティアに申し込んだメンバーですが、草取りを一生懸命にやってくれました。何度も参加するメンバーも多く、作業にも慣れてきていて、頼もしい限りです。次こそは収穫できることを願っています!