図書室からのお知らせ



図書室は、学習の場として利用して頂くことはもちろんのこと、様々な場所から集い、同じ時間を過ごす学友との憩いの場、身近な存在でありたいと思います。図書室は本が並んでいるだけではありません。小説やエッセイ、料理本なども多く置いてあります。学習の為だけでなく、趣味のためにも活用できます。知識の宝庫である図書室に足を運び、本を手に取ってみてください。図書室では、たくさんの本がみなさんとの出会いをまっています。ちょっと気分転換したいときに、いろんなジャンルの本を読んでください。そこからお気に入りの一冊が見つかるとまた読書が楽しくなります。
本学図書室が皆さんの学習・教養向上に最大限に役立つ事を願っています。


開室日時
平日12時50分~13時20分  授業後~16時45分
(休暇中、試験、行事、短縮授業などの時は、その都度利用時間を掲示します。)
貸出・返却手続き
[貸出]

貸出冊数 5冊
貸出期間 2週間
( 夏休み・冬休み・春休みの長期貸出は、10冊まで貸出します。)
・ 本を借りるときは、「利用者カード(図書室カウンターにて保管)」と本をカウンターに出すだけで、
すぐに借りることができます。
・ 本に「返却期限票」を挟み返却期限日を図書委員が記入します。
[返却]
・ 図書室のカウンターにて返却してください。
・ 図書室が開いてない場合は、本だけを図書館前の下駄箱上にある返却箱の中に入れてください。
・ 本は返却期限日までに遅れないように返しに来てください。
(借り出した本は、直接、本棚に戻さないでください。)
・ 貸出期限内に返却できない場合は、必ず図書室まで連絡ください。
[継続貸出]
返却期日をこえて引き続き利用したい場合は、本を一度、カウンターまで持って来て貸出手続きをしてください。予約者がいない場合、継続できます。
[予約]
借りたい本が貸出中の場合、予約ができます。
コンピュータ蔵書検索で貸出状況が貸出中であるか確認してください。
返却されたら、担任を通して連絡します。
[リクエスト]
読みたい本が、図書館にない場合、カウンターで申し込んでください。
授業や学習に関する本であれば、入手可能なかぎり、検討の上、購入します。
購入できた本は、担任を通して連絡します。
[延滞]
返却が遅れている本がある場合、貸出できません。
図書委員を通して督促状が渡され、注意されます。
[紛失]
本を紛失、汚損した場合、すぐに届けてください。
利用マナー
・  貴重品の管理は、各自で行い、飲食類の持ち込み及び飲食行為は一切禁止する。
・  室内では静かにして、お互い話はつつしみ、他の利用者に迷惑をかけないようにすること。  ・
・  館内の書籍、新聞、雑誌などは自由に閲覧できるが、必ずもとの場所に正しくもどすこと。
・  書籍、器具、備品などの無断持ち出しは、絶対しないこと。

図書だより

おススメ図書図書だより歌う読み聞かせ
図書委員担当より平成28年度 No.1  No.2  No.3たかくら幼稚園にて   
はらぺこあおむし

図書室管理システムについて

本校は、図書室の蔵書をパソコンの中でデータとして一括管理し、 バーコードを利用することで
貸出/返却作業の簡略化を実現したシステム図書丸ねっとを使用しています。
① 貸出・返却システムはバーコード採用
② 蔵書検索(キーワード検索)
検索ボックスに書名、著者名、作品名、シリーズ、出版社などを入力して検索
③ 件名検索 (漠然としたキーワードで探す)
④ 絞り込み検索 (階層的に絞り込むことができる)
⑤ 貸出状況がわかる
⑥ 予約可能
⑦ 貸出履歴
⑧ 統計資料・貸出ランキング(利用者・本)

図書室について

[本の配列のしくみ]
本は、日本十進分類法(NDC)によって分類され番号順に並んでいます。
直接、本棚に行って本を探すことができます。入口の左側から右回りなるように配置してあるので、
探している本の分野がどこにあるかを把握して本棚に行ってください。
図書館の本は、原則として請求記号順に並んでいます。請求記号は、本の背の下方に貼られている
ラベル3段に分けて、記されています。


リンク集

1. 国内の図書館から本を探す
2. 最新のニュースを探す(新聞)
3. 書店 出版社から図書をさがす

▶日本書籍総目録
国内で刊行され、現在入手可能な図書の検索。
▶TRC新刊書の検索
TRC図書館流通センターのホームページ。国内で出版された新刊書籍の検索。
▶豊川堂
「新しい知識との出会い」というキャッチフレーズの地元の書店
▶精文館
大正23年の創業から豊橋中心に活動エリアを広げる書店
▶紀伊国屋書店
新刊、ベストセラー情報。書籍の検索、注文。紀伊國屋ホール、同画廊のスケジュールも。
▶ジュンク堂
書籍の検索、注文。
▶丸善
書籍販売、ギャラリーフェア情報等。洋書も取扱。
▶日本の古書屋
古書検索(国内最強の古書データベース)、古書店検索。(全国古書籍商組合連合会作成)

※各種届, 「としょだより」 の閲覧には ADOBE READER が必要です。