見出し

豊橋中央高等学校の進路指導

進路指導について

生徒一人ひとりに向き合う先生がいます。

本校では1年次から進路実現のための様々な進路プログラムを実施しています。具体的には、学内、学外講師による進路ガイダンス、講演、講話、面接指導、企業見学、進学・就職に向けての説明会、進学補習、就職補習、模擬試験などがあります。総合的な学習の時間での前向きな取り組みとして、2012年度入学生より導入した、「心の教育」を基盤とした「7つの習慣J」での実践が好評を得ています。
また、生徒一人ひとりの進路実現のより深化した取り組みとして、進路シラバスを基調とした3年間を体系立てた見通しで、個々のスキルアップを目指しています。
進学・就職補習では、それぞれ特化した内容のある対策を実施しています。進学では、国公立大、難関私立大を目標に、伸び率を最大限に生かした個別対応指導を、就職では、挨拶、マナーなど面接を基調とした杜会人に向けての徹底した個別対応での指導を実践しています。このように本校では、個々の生徒を大切に、満足度を優先した進路指導を徹底しています。今後は、昨今の就職難の問題のみならず、就労対策として、キャリア教育の導入、進学では、国公立大学複数合格を目指した個別指導の徹底をはかっていきます。生徒一人ひとりが安心して向き合ってくれる先生がいる本校は、満足のいく学校だと断言できます。
進路指導部長